患者様の声

「嗅覚障害」に関する患者様の声一覧

たけちはり灸院で治療を受けられた方々の声をご厚意によって掲載しています。
同じような症状やつらさでお困りの方の役に立てるならと、皆さんに掲載を快諾いただきました。
当院のホームページをご覧いただいている方の参考になれば幸いです。

たけちはり灸院の「患者様の声」は、すべて患者さんに本音でご記入いただいたものです。

症状:味覚、嗅覚が正常に働かなくなった 東郷町在住 59歳 女性 福祉関係

【お困りの症状は何でしたか?】

風邪で発熱後、味覚、嗅覚が正常に働かなくなり、すぐに戻らなくなったことから食欲がほとんどなくなり落ちこみ眠れなくなった。又身体も疲れきり過呼吸の状態になった。

 
【鍼灸治療を受けてみていかがでしたか?】

心身共に疲れ一人で通院出来ず家族に4~5回送迎してもらう程ふらふらでつらくてたまらなかったが、一回ごとの丁寧で配慮ある治療と状態の説明を受け、自分で車の運転が出来る様になりそれ以来通院している。
3ヶ月目頃から食べ物の味、匂いが感じられるものが少しづつ出て来た為、それ以前より食べられる様に、又4か月目に過呼吸が一段と楽に、当初からの睡眠時間、質が上がっていたこともあってお薬に頼りながらも直接体にアプローチする鍼灸治療(反応点治療)の良さを実感しています。

 
【来院される前、期待や不安などはありましたか?】

鍼は髪の毛より細いということを知って十数年前に経験があり、ためらいはなかった又、独立開業の心理相談室のホームページのリンクからたけち医院さんを知った事や解りやすいホームページの内容を前もって読んでいたので不安はなかった。

 

 

自律神経の乱れによる体調不良の方はこちらもお読みください

↓↓クリック

自律神経

症状:味覚嗅覚が働かなくなった 逆流性食道炎 胃腸の働きが弱り食欲が無くなった 東郷町在住 59歳 女性 福祉関係

風邪の発熱がきっかけで、せきこみ気管支にたんがからみ呼吸困難になった。
掛り付けの先生からの処方薬で事無きを得るがその後、味もにおいも全くわからなくなり、平熱になっても体調不良で仕事に戻ることもままならず落ち込んで情緒不安定に。
こころのケアが必要と思い出向いた心理相談機関ホームページでたけち医院さんを知った。
理論に基づくトータルなはり灸治療が受けられることを初めて知った私はこころと身体への両面からのアプローチがお薬に頼り切らずに前向きになっていいな良い方法だと考え来院した。
たけち先生は心理士さんでもあり思っていた通り、こころと技術がとても頼りになった。
多くの症状にもかかわらず根気ある治療に励まされ辛抱強くなることを学んだ。

特にセルフケアのやり方を学び実行し助けられた。
例えば、泣くと増々鼻がつまり、過呼吸がひどくなりつらかったが鼻の周りのつぼをセルフケア用のコロコロでころがしてやると鼻が通り息苦しさがかなり緩和され症状に対する恐怖がへっていった。
この様なケアを辛い体の部分に行う内に混乱の悪循環から抜け出し落ち着きを取り戻した。
少しずつわかる味やにおいが出てくるようになり、食べることができるようになっていった。
症状に驚きショックで仕事どころか家事もいっさいできなくなり床に臥せてしまう程で、家族に送迎してもらいながら通院を始めたが身体の回復を実感し少しずつ家事でリハビリするまでになった。お薬の種類や量も減りつつある症状が出て早い時期から統合的に医療やケアを受けられたことに大変助けられている。
最後まで続けたいと思っている。

断され途方に暮れていましたが、 思い切ってこちらを受診して、今では本当に良かったと思います。
何より通常に病院と異なり、じっくりと自分の体と向き合って 時間をかけて治療してもらえるのがありがたいです。

 

 

 

 
自律神経の乱れからの不調でお困りの方はこちらもお読みください

↓↓クリック

自律神経