突発性難聴の治療経過

突発性難聴の鍼灸治療の経過

20代女性
デスクワーク

 

症状と来院の理由

おととしの12月頃に聴力の低下と耳鳴りが
繰り返された。
症状が改善されず改めて耳鼻科に通院したところ
「低音障害型感音難聴」と診断を受け
入院してステロイド治療を行なった。

変化が見られず、退院後
当院を初受診

 

来院10日前

右耳の聴力
125Hz 35dB
250Hz 55dB
500Hz 60dB

耳鳴りと耳の詰まりがあり
入院中はよく眠ることができなかった

首から肩にかけての強いコリ
左右の耳からの音のゆがみが
ありとても不愉快


 

初治療後、一回目の聴力検査

右耳の聴力
125Hz 45dB
250Hz 55dB
500Hz 35dB

耳鳴りと耳の詰まりが少し減り
寝付くこと、寝続けることも
できるようになった

首から肩にかけての強いコリが
軽減されつつある。
左右の耳からの音のゆがみも
少し軽減


 

治療6回目のあとの聴力検査

右耳の聴力
125Hz 30dB
250Hz 40dB
500Hz 15dB

このころには聴力に関しては
とくに気になることは減ったが
相手の性別と話し方による特徴によっては
聞き取りにくい場面があるとのこと

首から肩にかけてのコリも
ほとんど意識しない
不快だった症状が軽減されつつある。


 

突発性難聴の治療のまとめ

突発性難聴や耳鳴り、耳つまりを繰り返しやすい
ことから耳の周辺の血流や炎症が起こりやすい状態
また首から肩にかけての筋肉のコリが強かったので、
筋肉のコリの解消も含めた治療に取り組んだ。

患者本人のスポーツジムに通っていたという
運動習慣も症状の改善を後押ししてくれた。

 

現在は、症状をぶり返さないために
2週に1回からだのメンテナンスをしている。

関連記事

のどが痛くて何も飲みこめず、声も出なかった 【症例】

  Contents1 症例2 患者3 来院4 症状5 治療内容と経過6 同時に治療した症状7 使用した主なツボ8 考察 症例 のどと耳のつながるところがとても痛く、 つばを飲み込むのも痛く声が出せない。 &n[…]

[» 続きを見る]

聴力検査票の○とか×って何?

聴力検査票の見方を続けていきます。 前回は縦軸と横軸がなにを意味するのかということを書きました。 知りたい方はこちらからご覧になれます。⇒  知っておいて損はないオージオグラムの見方 聴力検査を終えるとパソコンの画面で結[…]

[» 続きを見る]

突発性難聴と耳鳴り 鍼灸治療 【症例】

  Contents1 患者2 来院3 症状4 同時に治療した症状5 治療の内容と経過6 主に使用したツボ7 考察 患者 女性 30代 愛知県名古屋市名東区   来院 2014年3月   症[…]

[» 続きを見る]

不眠と食欲不振にさせた耳鳴りと難聴の鍼灸治療 【症例】

  Contents1 症例2 患者3 来院4 症状5 治療内容と経過 6 同時に治療した症状7 使用した主なツボ8 考察 症例 耳鳴り、難聴   患者 男性 23歳 愛知県名古屋市港区  […]

[» 続きを見る]

原因がわからなかった低体温症の鍼灸治療 【症例】

  Contents1 症例2 患者3 来院4 症状5 治療内容と経過 6 同時に治療した症状7 使用した主なツボ8 考察 症例 低体温   患者 男性 40歳代 愛知県日進市   来院 2[…]

[» 続きを見る]