過敏症・アレルギーの治療 アラテックセラピー

過敏症・アレルギーの施術メニュー
通常の鍼灸治療とは別にアラテックセラピーという施術をおこなっています。

 

アレルギー・過敏症でお困りのかたへ

アレルギー・過敏症のチェックと治療 アラテックセラピー

ストレスを減らす

 

 

アラテックセラピーで治療される症例

消化器系

症状には胃酸逆流、胸焼け、腹痛、腸の痛み、筋けいれん、ガス、膨満、吐き気、下痢、嘔吐などがあります。主な原因は食物や他の経口摂取物への反応によります。

呼吸器系

症状には、くしゃみ、鼻づまり、鼻水、喘鳴、息切れ、せき、後鼻漏、皮膚の疾患、発疹やかゆみ、涙目などがあります。反応は、花粉、ほこり、食物、化学品や動物(犬や猫の鱗屑や鳥の羽など)、空気中物質や接触刺激などに関連する場合があります。

皮膚科

症状には、赤み、かゆみや鱗状の皮膚発疹、にじみ出たり、痂皮形成した水泡、乾燥した皮状の斑点やじんましんなどがあります。皮膚反応の主な原因は、食物に対する反応である場合もありますが、植物、接触刺激や化学品である場合もあります。

頭痛と片頭痛

チョコレートやカフェインなどの食物による反応によって引き起こされたり、花粉や家庭用洗浄剤、香水や車の排気ガスを含む化学品などの空中の刺激物によって引き起こされる場合もあります。

疲労とだるさ

多くの反応は倦怠感や疲労感を招きます。
疲労は、食事後の午後など、1日の特定の時間にも発生する可能性があります。
複数のシステム症状は体内の複数のシステムに影響を及ぼし、頭痛、いらいら、多動、気分変動、疲労、頻脈、または炎症を引き起こす可能性があります。

その他

症状が複数の体内の系統に影響を与え、頭痛、苛立ち、活動過剰、気分変動、疲労、頻脈や炎症が起きる場合があります。
化学品 – 家庭用洗剤、香水、建築資材、 洗濯用洗剤、農薬
ラテックスやペンキ、接着剤、カーペット、木材や塗料などの建築資材などへの職業上の過敏性
動物
熱、低温、湿気や湿り気

アレルギーまたは過敏症に関連する症状喘息、過敏性腸症候群(IBS)、注意欠陥障害(ADD)、注意欠陥および多動性障害(ADHD)などの一般的な状態。ただし、すべての場合にアレルギーや過敏症が含まれるわけではありません。

過敏性腸症候群(IBS)は、主に過敏症によって引き起こされ、人口の約15%に影響を及ぼします。一般的な症状には、下痢、便秘、鼓腸および腹痛が含まれます。

ご承知おき下さい

アラテックは結果を保証できません。アレルギーや過敏症に関連する多くの症状の緩和に非常に効果的かもしれませんが、反応しない場合もあります。

アラテックセラピーとは?

アラテックからだの仕組み

アラテックは、アレルギーや過敏症は身体のエラーであるということを基準にしています。
アレルギーや過敏症は、からだと脳が外部から入ってくる本来は無害な物質を有害な脅威であると誤認識をして過剰反応して排除しようとするために起こります。

身体は、ある物質を有害であると認識して反応すると、その後もその物質に対して過剰反応をし続けるようになります。
過剰反応を起こしている器官系に働きかけることによって、その認識を正しいものに修正することができます。

 

交感神経と副交感神経

 

誤作動のきっかけとなる物質を疑似物質としてからだと接触させながら交感神経節という背骨の横にある神経節を優しく刺激することによって過敏状態からリセットさせます。
アラテックは20年以上前アメリカ人の鍼灸師が考えた施術方法です。

主要な臓器システムと無害な物質に対する過剰反応との関係に直接作用します。発生する可能性のある症状の種類を決定するのは、臓器システムの健康と状態です。

 

アレルギーとは? 過敏症とは?

アレルギーと過敏症は、無害な物質に対する不適正な反応によって引き起こされるものです。「アレルギー」という言葉は、ギリシャ語のallosを起原とし、「他の」という意味があります。体の免疫系における「変化した反応」として1906年に初めて言及されています。

「真のアレルギー」とは、免疫系によって引き起こされる反応ですが、免疫系によるもの、そうではないものを含む多大な数の症状や状態が過敏症によって引き起こされます。食物に関連する反応では、大多数の人々がアレルギーを持つと考えていますが真のアレルギーを持つ人は2%未満です。実際、多くの人々は診断されていない食物への過敏症や不耐性に苦しんでいます。Allertekの治療法を求める患者の方々大部分は、真のアレルギーを持つ人々ではありません。その症状は免疫性には関連しない過敏症によって引き起こされている可能性が高いのです。過敏症に対する治療法のオプションは、回避以外にはほとんどないため、Allertekが提供しているのは非常に効果的な代替治療法です。ただし、真のアレルギーによって引き起こされる症状でも、Allertekの治療に良い反応を示します。これは、反応に関連する臓器にも対処するためです。

「アレルギー」という言葉の使用が、一般の人々がアレルギー、過敏症、不耐性を説明するために使う総称となりました。

 

アラテックセラピーの留意点

無害な物質に対するこれらの誤った反応は、多くの場合、多種多様な症状や状態の原因となる因果関係の影響です。そのような状態は、通常の医学療法または統合医学療法で治療することが困難な場合が多く、回避が最も一般的なアプローチです。アラテックは、アレルギーや過敏症に関連する症状に苦しむ人々のための治療オプションにおけるこのニーズを満たし、身体が健康な方法で外界に適応する方法を提供します。

 

一般的なアレルゲン、原因物質

接触刺激
吸入性アレルゲン
摂取性アレルゲン

貝類
赤および白ワイン、ビール
化学品、ラテックス
果物
食物成分
香水
各種ベリー系
空気中の刺激物
薬草療法

ほこりやダニ
栄養補助食品
なす科の食物
季節性アレルギー
環境要因
穀類
動物の鱗屑
木、金属
乳製品
布、内装素材、プラスチック製品
毒刺を持つ虫
コーヒーやチョコレート
洗剤や柔軟剤
日光
気圧

対応できるアレルゲン、アレルギー物質

食品

卵、乳、小麦、魚、ピーナッツ、そば、甲殻類、大豆、木の実、アルコール

空気中に浮遊しているもの

ホコリとダニ、カビ、香水・香料、花粉、ペットの毛

皮膚に接触するもの

金属、布、プラスチック製品、洗剤や柔軟剤、その他

その他刺激

光、音、気温、天候

 

※一例です。

 

 

ご理解いただきたいこと

食物不耐症の治療はできません。

食物不耐症は消化酵素の不足によるものであり、アレルギーや過敏症とは異なるため、アラテックの治療を行なっても効果がありません。

 

アナフィラキシーに対する治療はできません。

アラテックはアナフィラキシーや生命に関わる症状は治療しません。そうした場合は誘因を厳重に避けてください。

施術をすれば100%よくなるという保証はできません。
いかなる結果も保証いたしかねます。アラテックは、アレルギーや過敏症に関連するの多くの症状の軽減に極めて効果的ですが、効き目がない症例もあります。

 

アラテックセラピーについてよくある質問

施術回数は何回ぐらいですか??

施術に必要な回数は誤反応の誘因となっている物質の数によって異なります。
例えば、5つのカテゴリーの物質(乳製品、小麦、とうもろこし、動物の鱗屑、花粉)に反応している人に対しては通常、5回から12回程度の施術が必要となります。

 

結果はすぐわかりますか?

多くの場合、最初の何度かの施術でなんとなく変わったという印象があったり、症状が軽減されたり出なくなったりし、その効果が長続きします。
しかし個人差があるので、さらに施術が必要になる人もいます。

 

症状が軽減されるという保証はありますか?

すべての医療行為と同様に、効果の有無や、別の症状が発生しないかどうかなどの保証は一切できません。

 

施術料金

初回     16200円(税込) 検査と施術がふくまれます。

2回目以降  11000円(税込)

 

施術時間

初回は30~60分ぐらい

2回目以降は30~50分ぐらい