聴力検査の結果に翻弄されない

kensa-dr
 

聴力検査を行う場合はおおまかに

突発性難聴・感音性難聴・騒音性難聴・そのほか耳の病気がきっかけによる聴力のトラブルの時、

それ以外にもメニエール病などめまいが起こっている場合や耳鳴りが起こっている時です。(やらない場合もあります)

患者さんの中には聴力検査を受けたことによって、聴力検査の結果で一喜一憂し

検査表のグラフに気を取られてしまうかたが時折見受けられます。

 

例えば、必ずしも視力検査ですべてのかたが2.0を意識していることはないと思います。

日常生活で見えればいい、もしくは運転免許証の更新の時に見えればいい

とあくまで検査結果は客観的なデータで主観とは一致しないこともあります。

 

聴力も同じで今、どのように聞こえているか?何が聞こえて何が聞こえないか?

もしくは、耳鳴りがあって「キーン」などという高音の耳鳴りがあるのか、

それとも「ジー」とか「ブーン」というモーター音のような低音の耳鳴りがあるのか、

鼓膜のあたりがボーンと押さえつけられて痛みが出ているなどとこれらのことは聴力検査では一切わかりません。

なぜなら、すべて本人の主観なものだからです。

基準値よりよかったら素直に喜べばいいと思いますし、

基準値より下にあっても現状がどのように聞こえているか?

というところに意識を持っていくことができれば、ずいぶんと精神状態は楽になると思います。

いつも患者さんには「気にしないようにする」「何が起こっているか冷静に分析する」ということを伝えています。

言葉の意味についてはもっと細かくお伝えしています。

 

聴力検査票の結果をみて患者さんと医師との視点に大きな差があるので、

それを知ったうえで検査結果とみると良いと思います。

あと、聴力検査を行ってくれる技師さんによって結果が変わることもある

ということを知ってくのも必要なことだと思います。

 

関連記事

6月1日から駐車場が変わります。

たけちはり灸院 院長の武智です。 6月1日より駐車場がかわります。 SKYパーキングの8と11が廃止になり ↓↓ 一社二丁目パーキングの1、2,3 こちらの駐車場にかわります。   SKYパーキングよりたけちは[…]

[» 続きを見る]

最新型オージオメーターを導入しています。

たけちはり灸院では、耳鳴り、突発性難聴の方の治療を行う前に 必要に応じて聴力検査を行っております。 病院にかかっていた患者さんがほとんですので、 聴力検査表をお持ちになってくださる方もいらっしゃいます。 検査は随分前で今[…]

[» 続きを見る]

台風20号による予約について

台風20号の進路が定まっていない状態ですが、 予報では23日午後から明日、24日に東海地方にくる場合は 大雨の警戒が出ています。 お住いの地域によりますが、 通院が困難、帰宅時に危険が考えられそうな状況でしたら お気軽に[…]

[» 続きを見る]

台風18号の接近にともなって

たけちはり灸院 院長の武智です。 台風18号の進路と速度によって、 県外からお越しの方は来院が困難な状況になる恐れがあります。 そのような場合は気兼ねなくご連絡をくださいね。 電話がつながらない場合は留守電にいれていただ[…]

[» 続きを見る]

11月のおしらせ

  11月の20日(日)~23日(水)は研修のため休診とさせていただきます。 休診日の前後は予約が混み合いますので、 ご希望の日時がありましたらお早目のご予約をおススメしています。   休診日は電話が[…]

[» 続きを見る]