気持ちがしずんだときどうしますか?


 

ふたつあります。

「やることをやっていく」
「何もしない」

真逆のこと言っていますが、
これにつきます。

気持ちが沈むときの原因を考えてみませんか?(※リンク)
の続きです。

病院に行って検査をして薬を何日分か処方されます。
スマホ片手にインターネットで調べまくる
良い情報、悪い情報たくさんありますが、
悪い情報のほうが目につきます。
深く読んでしまいます。

良い情報も隅々まで調べてひととおり全部
試してみる。
○○はからだにいいけど、××はだめ
なども意識してしまって
どんどん頭でっかちになって
気分的にもモヤモヤ息苦しくなっていくことが
多いです。

自分は一生このままなのでは?
と不安と恐怖に押しつぶされてしまっています。

自分自身で余計な緊張や争いを作り出しているときは
快方に進んでいくことはあまり多くない印象です。

鍼灸師だからといって
「鍼灸治療を必ず受けてくださいね!」
と鼻息荒くいうつもりは毛頭にありません。

治療を受けにくる通院の段階から大変な場合や
家でのんびりしたほうが元気になる場合など
必ずあります。
駆け出しのころに鼻息荒く治療をさせていただいたときに
たくさんの迷惑をかけたことがあります。

そんな経験を踏まえて
ある程度、患者さんに決めてもらう場面もあります。

これが冒頭の

「やることをやっていく」
「何もしない」

につながります。

たとえ話で治療中によくお伝えするのが、
「おなかいっぱいの時は、
どんなに大好物のものでもいらない」

必要ない時は受け付けないですよ。
と説明しています。

治療については
初めての時の問診や日々の会話、
体調などをみて治療の期間や回数、ペースなどを
提案はさせてもらっています。

大切なことと必要なことを
やるか、やらないか?

今日はカウンセリングだけにしときます。
とか、
調子よさそうだから次回は変更で
とか、
予約は来週だけど、ちょっと早くに変更できませんか?
など

白黒はっきりと答えをだすのではなく、
あいまいな感じに過ごすものとっても重要なことだと
思っています。

自分に優しくしてくださいね
体調悪くて休んでいたら自分がダメになっていく
とよく言われますが、少しでも元気になったら
無意識にいつものことをやって日常が普通に戻っていきます。

プライドや自尊心のようなものが自分を保ってくれますので
ご安心くださいね

「やることをやっていく」
「何もしない」

うまく取り入れてみてくださいね!

 

 

関連記事

鍼灸治療を始めるのには早いほうがいい!

  鍼灸治療は最後の砦・・・ というよりも実際はいろいろ病院へいったり、 そのほかの整体やカイロプラクティックなどでの 治療を受けてあまり回復しなかったから、 ダメでもともとという最後の選択肢として ご予約をい[…]

[» 続きを見る]

からだに対しての意識が変わりました。

  「からだに対しての意識が変わりました。」 たけちはり灸院で鍼灸治療を受けられた患者さんからの言葉です。 治療のテーマとして症状以外のからだ全体の健康・元気を考えて行うと伝えていますので、 100人治療させて[…]

[» 続きを見る]

耳鳴りと肩こりの関係性

  治療前のカウンセリングで 調子がいいときにはわからないんだけど、 耳鳴りが始まりそうなとき大きくなりそうなときは 決まって肩がこってくることが多いです。 と教えてくれます。 肩こり持ちのひとが必ず、耳鳴りが[…]

[» 続きを見る]

鼻すすりをやめたほうが良い理由 ノドへの影響

  たけちはり灸院 院長の武智です。 寒い日が続いていますね 風邪を引いている方も引いていない方も 少し寒いところにいると鼻が出てきてしまいますね。 出るものはすするという感じに からだの反射システムに組み込ま[…]

[» 続きを見る]

音の伝達通路は2系統ある

音が聞こえるメカニズムからの続きです。     中耳から伝わってきた空気の振動は、 内耳の「蝸牛」で電気信号に変換されます。 蝸牛は名前の通りカタツムリの殻のような形をしています。 内部は2階建てにな[…]

[» 続きを見る]