こころの健康を保って整える方法

ここ二カ月の間で今までにない経験をしています。
先行きが見えないのでとっても不安で仕方ないですよね

日本赤十字社が「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズを掲載しています。

普段、快活なかたでも心中穏やかではありません。
たけちはり灸院の理念のひとつである「今できることをする」それにつきますよね。
普段から患者さんにお伝えしている内容とほぼ同じなので聞いたことがあると思います。

こころの健康を保つおススメする4つのこと

自分自身を落ち着いて評価する

冷静に判断しましょう

情報が錯綜している状況なので断片的に自分にとって都合の良いことが耳に入ってきます。
何がおこっているか冷静に判断しましょうね

 

くう(栄養)ねる(休養)あそぶ(排泄、運動)を実行する

食べる しっかり寝る 食べたものは出す

どうしても生活リズムが乱れます。
しっかりと食事をとって体を働きが低下しないようにしつつ、
通常の睡眠・起床のペースとリズムを保つように積極的に休み、出すものは出す。出るものも出す。
自分のからだのコントロールができれば自分への自信も得ることができます。

 

感情を受け止める

感情を受け止める

無理に気持ちをあげる必要もないですし、だからといって必要以上に気持ちを下げる必要もない。
良いきっかけと思って自分のこころの状態や必要なことは何か、大切なもの、大切なことは何か。
と自分自身と対話する時間を持つことも良いと思います。

 

 

何をするか考える

将来設計

 

できることは限られていても、できることはあります。
楽しくリラックスできる活動をするように心がけたり、あえて何もしない。
ゆくゆくやりたいことを考え準備するというのも良いと思います。

 

 

さらに自分自身やまわりのひとをいたわる4つのこと

活動的であること

夢日記

ふさぎこんだりせずにちょっとだけ活動的に過ごしましょう。
一言日記をつけたり、やりたいことリスト、妄想日記などをつけて想像力を良い方向にもっていきましょう。

 

人とのつながりをとる

テレビ電話

直接会うだけがコミュニケーションではありません。
いまは、電話だけでなくビデオ通話などで顔やしぐさなどをみながら会話をすることができます。
わたしも子供を交えて両親とビデオ通話をしたりしています。

 

笑う

ツラい時こそ笑おう

やっぱり笑うことは大切だと思います。
少しでも笑うことができれば不安感やイライラ感を和らげることができると感じます。

 

 

希望を持ち続ける

将来の夢

家族や信念、自分の価値感など、自分にとって意味があるもの幸せになれるものを持ち続けましょう。

 

将来に向けて

いろいろと大変な時期かもしれませんが、できることをむりせずできることをする。
じっくりとチャンスをうかがいつつ将来に向けて準備をしていきましょう。

たけちはり灸院の活動も何かお役に立てると嬉しいです。

関連記事

たけちはり灸院から近くの桜スポット2

たけちはり灸院 院長の武智です。 先日、やすえ先生がたけちはり灸院から近くの桜スポットの記事で 平和公園の桜スポットを紹介してくれました。 名東郵便局に用事があり、たけちはり灸院から歩いて 10分もかからないので歩いてい[…]

[» 続きを見る]

先生はどう思いますか?

  いろいろな場面で 「先生はどのように思いますか?」 と聞かれることが多いです。 「ぼくは○○だと思いますよ」と 必ず答えを伝えるようにしています。 どうしても出せそうにない場合は 素直に次回までの宿題に さ[…]

[» 続きを見る]

伊勢神宮に行ってきました〜

先日、治療院の休みを利用して伊勢神宮にお参りに行ってきました。 毎年、開業日の前後に参拝しているので恒例行事になりつつあります。 お参りのあとはおかげ横丁とおはらい町をぶらぶらして腹ごしらえ     […]

[» 続きを見る]

鍼灸師・経営者の教えを受けてきました

  週末にやすえ先生の友人でもある、 女性専門の鍼灸院を10年ほど切り盛りされてる女性の方を交えて 「ビアガーデン マイアミ」に行ってきました。 人生初のビアガーデンの入り口に着いた瞬間からテンションが上がり […]

[» 続きを見る]

全日本フットサル選手権の試合のお手伝いをしてきました。

  たけちはり灸院 院長の武智です。 先日、臨時休診をいただいて、 静岡県の静岡市中央体育館で開催された 全日本フットサル選手権東海予選という大会に 数年前に常勤のトレーナーとして帯同していた Sallista[…]

[» 続きを見る]