こころの健康を保って整える方法

ここ二カ月の間で今までにない経験をしています。
先行きが見えないのでとっても不安で仕方ないですよね

日本赤十字社が「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズを掲載しています。

普段、快活なかたでも心中穏やかではありません。
たけちはり灸院の理念のひとつである「今できることをする」それにつきますよね。
普段から患者さんにお伝えしている内容とほぼ同じなので聞いたことがあると思います。

こころの健康を保つおススメする4つのこと

自分自身を落ち着いて評価する

冷静に判断しましょう

情報が錯綜している状況なので断片的に自分にとって都合の良いことが耳に入ってきます。
何がおこっているか冷静に判断しましょうね

 

くう(栄養)ねる(休養)あそぶ(排泄、運動)を実行する

食べる しっかり寝る 食べたものは出す

どうしても生活リズムが乱れます。
しっかりと食事をとって体を働きが低下しないようにしつつ、
通常の睡眠・起床のペースとリズムを保つように積極的に休み、出すものは出す。出るものも出す。
自分のからだのコントロールができれば自分への自信も得ることができます。

 

感情を受け止める

感情を受け止める

無理に気持ちをあげる必要もないですし、だからといって必要以上に気持ちを下げる必要もない。
良いきっかけと思って自分のこころの状態や必要なことは何か、大切なもの、大切なことは何か。
と自分自身と対話する時間を持つことも良いと思います。

 

 

何をするか考える

将来設計

 

できることは限られていても、できることはあります。
楽しくリラックスできる活動をするように心がけたり、あえて何もしない。
ゆくゆくやりたいことを考え準備するというのも良いと思います。

 

 

さらに自分自身やまわりのひとをいたわる4つのこと

活動的であること

夢日記

ふさぎこんだりせずにちょっとだけ活動的に過ごしましょう。
一言日記をつけたり、やりたいことリスト、妄想日記などをつけて想像力を良い方向にもっていきましょう。

 

人とのつながりをとる

テレビ電話

直接会うだけがコミュニケーションではありません。
いまは、電話だけでなくビデオ通話などで顔やしぐさなどをみながら会話をすることができます。
わたしも子供を交えて両親とビデオ通話をしたりしています。

 

笑う

ツラい時こそ笑おう

やっぱり笑うことは大切だと思います。
少しでも笑うことができれば不安感やイライラ感を和らげることができると感じます。

 

 

希望を持ち続ける

将来の夢

家族や信念、自分の価値感など、自分にとって意味があるもの幸せになれるものを持ち続けましょう。

 

将来に向けて

いろいろと大変な時期かもしれませんが、できることをむりせずできることをする。
じっくりとチャンスをうかがいつつ将来に向けて準備をしていきましょう。

たけちはり灸院の活動も何かお役に立てると嬉しいです。

関連記事

あったかソックス

  いつも鍼灸道具を注文している業者さんが こういうのあるんですけどいかがですか?と持ってきてくれました。 最近この手の商品をあまり自分自身が使ったこともなく、 いい機会かなと思い履いてみました。 しばらくする[…]

[» 続きを見る]

治療方法が見つかったきっかけ【院長】

  鍼灸学生時代はどのようにすごしていたか の続きです。   当時は鍼灸学校には入ればすべての治療ができるようになると思っていましたが、 3年間のうち最初の1年は治療というより鍼をスムーズに扱う練習、[…]

[» 続きを見る]

ひそかにうれしいこと

    たけちはり灸院で鍼灸治療をはじめて経験して、 元気になっていままでの場所に戻って活躍されているかた ほかには治療から離れていた方から 患者さんのお声をいただいたりすること 調子が悪くなってほか[…]

[» 続きを見る]

嬉しいお手紙をいただきました。

  来院されていた子のお母様からお手紙をいただきました。 ~以下~ 拝啓 昨年の今頃は本当にお世話になりました。 ○○の母親です。 おかげ様で大学の近くで鍼灸院を探し、以前に比べ格段によくなったようです。 スト[…]

[» 続きを見る]

フットサルの練習のお手伝いに行ってきました。

トレーナー兼キーパーコーチ兼なんでも係で携わっている 岐阜県多治見市を拠点とするフットサルチームSallista/BDFの練習に行ってきました。 最近ほなかなか行けなくてあまりお役に立てずにいたのですが、 久々に行ってキ[…]

[» 続きを見る]