過敏症・アレルギーの施術 アラテックセラピー

アラテックセラピー

過敏症・アレルギーの施術メニュー
通常の鍼灸治療とは別にアラテックセラピーという施術をおこなっています。

 

アレルギー・過敏症でお困りのかたへ

アレルギー・過敏症のチェックと治療 アラテックセラピー

ストレスを減らす

 

アラテックセラピーで治療される症例

消化器系

症状には、逆流、胸焼け、腹痛および腸痛、痙攣、ガス、鼓腸、吐き気、下痢および嘔吐が含まれます。主に食物または他の摂取物に対する反応によって引き起こされます。

呼吸器系

症状には、くしゃみ、うっ血、鼻水、喘鳴、息切れ、咳、鼻腔後の点滴、皮膚の状態、発疹とかゆみ、涙目が含まれます。反応は、花粉、ほこり、食物、化学物質および動物(犬および猫のふけおよび鳥の羽を含む)、空中浮遊物質および接触物に関連している可能性があります。

皮膚科

赤、かゆみ、またはうろこ状の皮膚発疹、にじみ出て水ぶくれができる水疱、乾燥した革のようなパッチまたはhi麻疹が含まれます。皮膚反応の主な原因は食物に対する反応ですが、植物、接触物質、化学物質によっても発生する可能性があります。

頭痛と片頭痛

チョコレートやカフェインなどの食物、花粉などの空気中の刺激物、家庭用洗剤、香水、車両の煙などの化学物質に対する反応が原因である可能性があります。

疲労とだるさ

多くの反応は、だるさと疲労感をもたらします。
疲労は、食事後の午後など、1日の特定の時間にも発生する可能性があります。
複数のシステム症状は体内の複数のシステムに影響を及ぼし、頭痛、いらいら、多動、気分変動、疲労、頻脈、または炎症を引き起こす可能性があります。

その他

化学物質-家庭用洗剤、香水、建築材料、洗剤、殺虫剤
ラテックスなどの職業上の感受性、または塗料、接着剤、カーペット、木材またはワニスなどの建築材料
動物
熱、寒さ、湿気/湿気

アレルギーまたは過敏症に関連する症状喘息、過敏性腸症候群(IBS)、注意欠陥障害(ADD)、注意欠陥および多動性障害(ADHD)などの一般的な状態。ただし、すべての場合にアレルギーや過敏症が含まれるわけではありません。

過敏性腸症候群(IBS)は、主に過敏症によって引き起こされ、人口の約15%に影響を及ぼします。一般的な症状には、下痢、便秘、鼓腸および腹痛が含まれます。

ご承知おき下さい

アラテックは結果を保証できません。アレルギーや過敏症に関連する多くの症状の緩和に非常に効果的かもしれませんが、反応しない場合もあります。

アラテックセラピーとは?

アラテックからだの仕組み

アラテックは、アレルギーや過敏症は身体のエラーであるということを基準にしています。
アレルギーや過敏症は、からだと脳が外部から入ってくる本来は無害な物質を有害な脅威であると誤認識をして過剰反応して排除しようとするために起こります。

身体は、ある物質を有害であると認識して反応すると、その後もその物質に対して過剰反応をし続けるようになります。
過剰反応を起こしている器官系に働きかけることによって、その認識を正しいものに修正することができます。

 

交感神経と副交感神経

 

誤作動のきっかけとなる物質を疑似物質としてからだと接触させながら交感神経節という背骨の横にある神経節を優しく刺激することによって過敏状態からリセットさせます。
アラテックは20年以上前アメリカ人の鍼灸師が考えた施術方法です。

主要な臓器システムと無害な物質に対する過剰反応との関係に直接作用します。発生する可能性のある症状の種類を決定するのは、臓器システムの健康と状態です。

 

 

 

詳しくはこちらのページに

過敏症・アレルギーの治療 アラテックセラピー

 

関連記事

突発性難聴になったとき鍼灸治療での可能性は?

      名古屋のたけちはり灸院は耳の鍼灸治療に力をいれているので、 聞こえに関することでお悩みの方、 めまいなどの平衡感覚に関することでお悩みの方が多いです。 よく、突発性難聴や耳鳴りな[…]

[» 続きを見る]

たまには肩こりについて・・・

  年から年中肩こりがあってつらいという人もいれば、 肩こりとは無縁ですという人もいらっしゃいます。 痛みやツラさがないのは結構なことで良いのですが、 気が付かないだけで実は相当かたくなっている人もいらっしゃい[…]

[» 続きを見る]

膝痛などの関節痛の鍼灸治療

    このような症状でお困りではありませんか?   正座ができない 階段がツライ しゃがむのもつらい 坂道が怖い 歩いていると痛くなる   膝や関節などの痛みの原因  […]

[» 続きを見る]

治療の基本は「てあて」から

これができればなんでも治る!? 仰々しく言っていますが。 当てはまることとまったくあてはまらないことがあるので、 使い方がとても重要になります。 注! ケガや病気などの場合にはあまり有効ではありません。 それは、何かトラ[…]

[» 続きを見る]

耳管狭窄症の鍼灸治療

  耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)と診断され 鼓膜の奥が痛む 難聴になる 自分の声や人の声、音がこもって聞こえる 耳に閉塞感がある という症状がでると思います。   そもそも耳管狭窄症って何? […]

[» 続きを見る]