記録していくことでツラくなることもある

memory

 

初診の患者さんはいちばん初めに
いろいろとお話をお聞きしています。

忘れるといけないからとおっしゃって
メモ書きを渡してくださる方が
けっこういらっしゃいます。

例えば、

病気がいつから始まって、
○○病院に行ってメチコバール、
イソバイド、アデホスを処方されて
2週間飲んで
それまでに何が起こっていたか
一日一日、一日の中でも
朝、昼、晩に寝ている間などのことを
詳細に教えてくださいます。

自分だけがこんなにつらい思いをしていて、
家族や周りの人などにはわかってもらえないという
疎外感を感じて孤独でつらい状態で
自分と病気に対して戦っています。

日々の日記の内容がいつのまにか
闘病日記になっていたりした。
とお聞きすることもあります。

読み返すとツラく悲しい気持ちになるとも
教えてくださいます。

症状が少しでも変わってきたら
周りにいる人があなたの精神状態が
落ち着いたのを見計らって、
こっそり「わたしもそうなのよ」
と声を掛けてくださることもお聞きします。

実はひとりで戦っているのではないと
少し肩の重荷が軽くなるかたを多くみてきました。

たけちはり灸院では、治療が終わった患者さんから
患者様の声」として闘病日記からの経過報告を
ご協力していただいています。

これを読んでいただくことによって
私だけじゃないんだとも思うことができると思います。

治療が進み快方に向かい始めるとパタリと
闘病メモを取らなくってなってしまう方も結構な割合でいます。

からだに変化が少しでも起こり始めると
気持ちの面では大きく変化していきます。

記録を取り続けることも大事ですが、
ときに自分を苦しめてしまうことも
ありますのでほどほどにお願いしますね

 

患者さんの治療の感想は
100件近くのお声が集まりました。
あなたの気持ちを代弁してくれるものが
あるかもしれませんよ

関連記事

たまには肩こりについて・・・

  年から年中肩こりがあってつらいという人もいれば、 肩こりとは無縁ですという人もいらっしゃいます。 痛みやツラさがないのは結構なことで良いのですが、 気が付かないだけで実は相当かたくなっている人もいらっしゃい[…]

[» 続きを見る]

鍼灸の治療方法は1つじゃないんですね

    鍼灸の治療方法は大きくわけると3つに分類することができます。   1.東洋医学と言われる理論に則った方法 2.筋肉を主に治療する方法 3.神経生理学の理論に則った方法   […]

[» 続きを見る]

前庭神経炎とは

前庭神経とは耳石器官を意味します。 前庭神経は耳石器官と三半規管からの刺激を脳に伝えます。 風邪に続いてある日突然激しい回転性のめまいがおきて、 吐き気、嘔吐を伴うことがあります。 この病気を経験した方は 「脳卒中になっ[…]

[» 続きを見る]

五月病?更年期?自律神経がみだれてる?

  たけちはり灸院の院長の武智です。 ゴールデンウィークも終わり五月もう少しで終わりますね 連休での遊びつかれ・・・ 新生活になれてちょっと気が緩む・・・ 家事や仕事のことがたまってちょっと疲れが抜けない・・・[…]

[» 続きを見る]

痛いのは骨?靭帯?筋肉?

  痛みでお悩みの方で困惑している場合ですね いくつもの病院や接骨院などで診断、治療を受けて 心も体もへとへとになっています。 「動かければ痛くないんだよね~」と良く聞きます。 となると   からだの[…]

[» 続きを見る]