目が疲れてまぶたが重い、目薬以外の対処はありませんか?

megusuri
 

このところの目の疲労感や不快感をお持ちのかたから相談を受けます。

はじめは目薬を差しているんだけど、効いているのかわからないから途中でやめちゃうという声もチラホラあります。

物を見るにあたって眼球の表面上の潤いは必要になります。

目の潤いが減ると瞬きをしたくなってきてます。ひどくなると無意識にまぶたが重く感じたり、目を閉じたくなります。

これはある種の正常なからだの反応で「これ以上酷使しないで」という生体防御反応です。

そもそも眼球は毛細血管の集合体なので、ちょっと目を使い続けるだけで血行は悪くなります。

目を潤ます仕組みがうまく機能していない場合でも目の疲れは早くたまってしまいます。

簡単なツボ押しを3か所

  • 眉間
  • 目頭(めがしら)
  • 目尻(めじり)
この3か所をそれぞれ親指、もしくは人差し指で軽く5~10秒押します。

そのあとに同じ場所を軽くさすります。

最後に目をギュッと3秒ぐらい閉じたままにします。

最初のころはすぐに目の潤いはうまれませんが、しばらくすると潤いが出てくるはずです。

ローラー鍼でコロコロしていただくのも有効です。

ためしにやってみてくださいね

関連記事

突然の雨が降る前後には

  竜巻の注意報も先ほどでていましたが、今度は雨が降ってきましたね。 ゴロゴロと雷も鳴っていますね。 こんな天気の時に多いのが耳閉感です。 耳が詰まることです。 応急的な処置は 耳抜きを行う。 あくびをする。 […]

[» 続きを見る]

耳鳴りの原因・・・耳管狭窄症

耳管の開閉がうまくいかなくなる状態のなかで、 耳管が閉じっぱなしの状態になってしまうものを 耳管狭窄症といいます。 耳管とは耳とノドをつなぐ管のことを言います。 耳管狭窄症で多くみられる症状に 耳閉感(耳の詰まった感じ)[…]

[» 続きを見る]

寒い夜だから~

10年ぐらい前に流行った曲の1フレーズですね。 先週からググッと朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね。 日中も日陰に入るとひんやりしますね。     寒い季節は温度の低下だけでなく、 湿度の低下にも[…]

[» 続きを見る]

からだはいくつになっても進化する

  今年の初めころに、とある患者さんが入院しました。 最初の1か月はベッドの上でのみの生活をしていて、 病気と寝たきりだったために体力と筋力はあっという間に落ちてしまい、 自力で歩いたりするどころか上体を起こし[…]

[» 続きを見る]

耳の構造

まず、耳の構造と機能について 耳は大きく分けて、 外耳、中耳、内耳の3つの部分から成り立っています。 外耳は耳介と外耳道 中耳は鼓膜とその内側にある耳小骨という骨のある空間で 耳管によって鼻とつながっています。 内耳は蝸[…]

[» 続きを見る]