耳の不快感が増える高速道路のトンネル

car2

 

経験談シリーズです。

耳のつまりは誰にでもおこる現象です。

だいたいの場合は意識をする間もなくつまりはなくなってしまいます。

なくならなくても無意識につばを飲み込んだり、何か水分を取ったりして回避できています。

ただし、耳のトラブルがある人、耳が詰まりやすい人、耳鳴りが強い人、鼻炎がちな人は

すぐさま回避できなくてつまりや痛みが持続してしまいます。

耳の閉塞感や響き感など繰り返しているうちになんとなく気持ち悪くなったり、

酔うような感じがしてくるとも教えてくれます。

運転手だけでなく一緒に乗っているだけでも体力を消耗してしまい、

目的地についてぐったりしてしまうこともざらにあると言われます。

平衡感覚や聞こえのトラブルが少しでもあると余計に体力を消耗してしてしまうので、出かけることについての不安や心配という

余計なことを考えが生まれてしまうので気疲れもしてしまいます。

元気になったら何がしたいですか?という質問をしたときに

「何も考えずに旅行をしたい!」とか「好きなドライブをしたい」と答えてくれます。

出かけることが不安だと教えてくれたかたも治療の回数を追うごとに体調が落ち着いてきて

今では出かけることが楽しくなったと教えてくれる方もいらっしゃいます。

 

からだが落ち着くこととからだが変化することにはとても時間がかかので焦る気持ちもわかります。

でも、変わることはできますのでコツコツと取り組んでいきましょう

 

 

関連記事

耳鳴り奮闘記 はじめの一歩

たけちはり灸院 院長の武智です。 治療前のカウンセリング中での一言 耳鳴りと聴覚過敏でお困りのかたのお話しです。 「耳鳴りを探すこと」 と 「耳鳴りに気づく」 ことは違う これに気が付いた時、 ストレスが半減して夜の寝付[…]

[» 続きを見る]

過去のからだのトラブルは忘れることができる

  長いこと治療を受けに通院されているかたとのやりとりで、 数年前の比較とか初めて来たときの比較などをすることがあります。 今はほとんど最初の通院することとなった不調はなくなり、 日々の疲れがたまる1か月ぐらい[…]

[» 続きを見る]

やらなくちゃ→やりたい→やっていた

  患者さんからの経験談として教えてもらう印象的な言葉として 「やらなくちゃ」 が 「やりたい」に 自然と変化していることに気が付くだそうです。 たしかに状態が悪いときは、家のこともやれてないし・・・ できてい[…]

[» 続きを見る]

元気になると言いたいことが増えちゃう

  通院してしばらくたったころに初診の時の問診の時の話をよくします。 初めてお会いした時の表情は○○で、姿勢は◇◇で、△△のようなことが 口癖のようになっていましたねと伝えます。 ツラくてしんどいときというのは[…]

[» 続きを見る]

めまいを経験した人ならわかる高速道路でのつらさ

    経験談シリーズとなります。 めまいをお持ちの人、めまいを経験した人、めまいが治った人が 口をそろえて教えてくださるのが高速道路で車を運転することや 車に乗っていることが以前よりも疲れるようにな[…]

[» 続きを見る]