腰痛、ぎっくり腰の鍼灸治療

gikkuri

 

腰痛、ぎっくり腰の症状

このような症状でお困りではありませんか?

checkbox_small_red常に腰が痛い
checkbox_small_red腰が重だるい
checkbox_small_redコルセットが手放せない
checkbox_small_redよく、ぎっくり腰になる
checkbox_small_red同じ姿勢でいるのがツラい
checkbox_small_red動きはじめる時に痛みが出る
checkbox_small_red寝返りを打つ時に目が覚める
checkbox_small_red朝を起き上がろうとする時に痛い
checkbox_small_red顔を洗おうとして屈んだ時に痛む

など、ほかにもたくさんのきっかけがあります。

 

 

腰痛、ぎっくり腰について

 

腰痛もちの方はたくさんいらっしゃいます。
痛みを感じる原因は様々です。

  • 長い時間、同じ姿勢で過ごしていたとか、荷物を持ち上げようとした。
  • いつもよりも力仕事をした。
  • 体を動かしたときがきっかけで痛みを感じたりします。

 

よく言う、ぎっくり腰の症状の場合でもきっかけがわからないけど、突然痛くなったとか、何もしていないけど急に痛くなったということがあります。

ほとんどの痛みの原因は筋肉の状態にあると言えます。

 

腰痛、ぎっくり腰の原因について

筋肉が固くなって限界に近づく痛みがでます。
固くなるという状態は、緊張し過ぎている状態といえます。

なぜ、固くなるのか?というと筋肉が一番負担のかかるところ、一番力が発揮されるところがまず固くなります。

それによって腰だけにとどまらず、背中にかけて固くなったり、お尻も固くなったりします。

 

これらの原因は日ごろからの疲れや負担が積み重なったこと、他に筋肉を緊張させる要因がある。

 

日ごろの疲れや負担に関しては、適度な運動やストレッチなど体を動かすことで少しは改善できます。

他に筋肉に緊張をさせる要因は、下腹部をはじめとする腸など内臓の状態にあります。

この部分に不調が起こっていると、反射的に腰周囲の筋肉を緊張させます。
これらは無意識のうちに起こっていることなので、自覚することがあまりできません。
そして、何もしていないのに痛くなった。という現象が起こります。

 

腰痛、ぎっくり腰の治療について

 

治療は

  • 痛みが出ている場所の治療
  • 筋肉の緊張をほぐす
  • 下腹部をはじめとする内臓のコンディションを改善します。

 

 

関連記事

からだが冷えるときはやっぱり運動した方がいいですか?

  ちょっと前までは暑いですね~があいさつ代わりだったのですが、 少し冷えますね~と変わり季節が変わり始めた証拠ですね   夏の時期はさほど気にならなかった「からだの冷え」が目立つようになりますね。 […]

[» 続きを見る]

寒い夜だから~

10年ぐらい前に流行った曲の1フレーズですね。 先週からググッと朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね。 日中も日陰に入るとひんやりしますね。     寒い季節は温度の低下だけでなく、 湿度の低下にも[…]

[» 続きを見る]

聴力検査票のカッコの意味は?

聴力検査票の見方を続けていきます。 前回は○と×の意味について書きました。 ⇒ 聴力検査票の○とか×って何? 縦軸と横軸についてはこちら⇒  知っておいて損はないオージオグラムの見方   今回はかっこの意味につ[…]

[» 続きを見る]

冷えと女性の不調・・・1

多くの女性でお悩みになっていることは、 生理(月経)にまつわる不調だと思います。 たとえば、子宮筋腫、子宮内膜症などですね これらは、検査をすれば状態がわかるのですが、 このように明らかな理由が見当たらないのに 月経前に[…]

[» 続きを見る]

三半規管ってよく聞くけど・・・

めまいなどバランス感覚が乱れた時に 「三半規管が~」と説明されます。 では、三半規管とは何かというと   前後の回転を感じる後半規管、 横の回転を感じる前半規管、 軸の回転を感じる外半規管   の3つ[…]

[» 続きを見る]