最近、忘れることが多くって・・・

skip_girl

 

最近、忘れることが多くって・・・

とある患者さんとのお話の中で出てきた言葉です。
何のことかというと杖をどこに置いたか忘れてしまうとのことです。

昔は普通に歩くことができたんだけど、
年齢を次第に重ねていくにつれて杖になって、
外出するときは車イスにのっている生活になっていましたが、
半年ぐらい治療していたら次第にからだが思い出して来たかのように
家の中などでは杖なしに立ったり歩いて移動したりできるように
なってきたとのことです。

日に日にからだがスムーズに動くようになってきているので、
こちらだけでなく、ご本人さまも笑顔になってとても幸せな気分にさせて頂けます。

一回の治療での大きな変化ではありませんが、
継続して治療することによって改善できよい結果が生まれました。

 

 

関連記事

耳鳴り奮闘記 はじめの一歩

たけちはり灸院 院長の武智です。 治療前のカウンセリング中での一言 耳鳴りと聴覚過敏でお困りのかたのお話しです。 「耳鳴りを探すこと」 と 「耳鳴りに気づく」 ことは違う これに気が付いた時、 ストレスが半減して夜の寝付[…]

[» 続きを見る]

めまいでお困りだった方から体験談をいただきました。

  一年越しで合格点に到達するぐらい元気になりました! と嬉しそうに語ってくださいました。 最初のころは一進一退で良くなる時もあったり悪くなったりすることもあって、 肉体的にだけでなく精神的にも苦労をされていま[…]

[» 続きを見る]

最初は意味がわかりませんでした

  先日、耳閉感と突発性難聴でお困りだった方との会話で、 問診をしている最中に 「気持ちを切り替えてください」 「考えすぎないでください」と治療を受けるにあたっての考え方を聞いて 病院でも同じこと言われたんです[…]

[» 続きを見る]

元気になると言いたいことが増えちゃう

  通院してしばらくたったころに初診の時の問診の時の話をよくします。 初めてお会いした時の表情は○○で、姿勢は◇◇で、△△のようなことが 口癖のようになっていましたねと伝えます。 ツラくてしんどいときというのは[…]

[» 続きを見る]

やらなくちゃ→やりたい→やっていた

  患者さんからの経験談として教えてもらう印象的な言葉として 「やらなくちゃ」 が 「やりたい」に 自然と変化していることに気が付くだそうです。 たしかに状態が悪いときは、家のこともやれてないし・・・ できてい[…]

[» 続きを見る]