生命にとって危険なめまい・・・2

前回の続きです。

脳の疾患では脳腫瘍は出血や梗塞ほどの緊急性はありませんが、
危険なものに入ります。

特に聴神経腫瘍のめまいはメニエール病と
紛らわしい場合があります。

めまい以外に脳の病気を強く疑わせる症状に注意が必要です。
たとえば、

強い頭痛

意識の混濁あるいは消失(失神は一過性の意識消失になります。)

手足の運動障害

物が二重に見える

言葉がしゃべれないなどの症状があるときは脳の障害を疑うべきです。

 

 

関連記事

腰痛、ぎっくり腰の鍼灸治療

    このような症状でお困りではありませんか?   常に腰が痛い 腰が重だるい コルセットが手放せない よく、ぎっくり腰になる 同じ姿勢でいるのがツラい 動きはじめる時に痛みが出る 寝返り[…]

[» 続きを見る]

こころが原因?脳が原因? いいえ耳が原因です。

お子さんたちは夏休みに入りましたね その夏休みに入る前の終業式や朝の集会で… 急にフラッとして倒れてしまう子もいます。 一般的には聞きなれない言葉ですが、 起立性低血圧(起立性調節障害)といい立ちくらみとも表[…]

[» 続きを見る]

脳梗塞のめまい

脳梗塞は、脳の動脈に生じた血栓のために血流が妨げられ、 脳の組織が死んでしまう状態ですが、 明らかに強く関係するのは小脳、脳幹の梗塞です。 症状は梗塞の部位にもよりますが、突発性難聴と似ることがあります。 高齢の方で、突[…]

[» 続きを見る]

平衡感覚の乱れが自律神経の働きを狂わす

平衡感覚はどのようにして保たれているか、 それぞれの役割があるということを説明しました。     耳と脳の働きが密接に関係していますね 情報の流れとしては 「 目 耳 手足   →    脳  」 で[…]

[» 続きを見る]

季節の変わり目にこそ鍼灸治療がおススメ

暑い夏も終わり気が付いたら涼しくなってきました。 セミの声は鳴きやみかわりに赤とんぼが優雅に飛んでいますね この季節の移り変わりが体調を崩す原因になります。 今までは暑かったので体温を下げるために 汗をかいて放熱すること[…]

[» 続きを見る]