のどのお悩みに対する当院のはり灸治療

たけちはり灸院 院長の武智です。

 

今回はたけちはり灸院のはり灸治療で行う
のどの痛み、つまり、えへん虫についてお話します。

のどの痛みや炎症、ひっかりはあごの下、 のどぼとけ近くの筋肉に原因がある

のどが痛い、のどに炎症がある、のどに異物感がある
なんとなくのどが気になる、飲み込む時に痛い

のどの痛みや違和感はとても多くあります。
診察を受けても具体的に何かを指摘されることは
少なかったりします。

このような痛みや不快感がきっかけは
粘膜のほかにのど周辺の筋肉のコリが
強いことが原因として考えられます。

のど周辺の筋肉のコリをほぐし、筋肉の動きをなめらかに
することによってのどの違和感や痛みを減らします。

 

のどの粘膜にダメージを与える原因の除去

のどの粘膜にダメージを与える原因は
鼻の炎症からおこる鼻水です。

痛みを引き起こす原因の鼻炎のかたは鼻の炎症が強いので
ローラーはりで丹念に鼻のツボである
眉間と小鼻の刺激します。

鼻水がノドに流れると
ノドがかゆくなったり咳が出たりして
ノドが荒れてしまう方もいます。

炎症を落ち着かせるために
お灸をノドにして炎症をとります。

肝臓や小腸のケアをすることで抵抗力をあげる

粘膜の炎症が起こりやすい方は
なんとなく疲れていたりして
免疫力がすこし下がっています。

肝臓や小腸を中心にお腹のツボの
治療をすることでからだの免疫力の向上を目指し
からだの基礎づくりをします。

体質を変えるための治療を行うことも必要

炎症体質という考え・・・
これは今考えた言葉ですが、
炎症が起こりやすい方はなんとなく
風邪をひいていたり、花粉症や鼻炎など
ひきつづけている印象があります。

粘膜がつねにただれている状だと想像して
もらえるとわかりやすいと思います。

 

4つのポイントに分けて施術していきます。
結果的に体質も変わっていきますよ

 

たけちはり灸院では
はじめに問診をしっかりすることで
はり灸治療がはじめてのあなたの
不安や疑問に思うことについて
ひとつひとつ取り除いていきます。

 

関連記事

膝痛などの関節痛の鍼灸治療

    このような症状でお困りではありませんか?   正座ができない 階段がツライ しゃがむのもつらい 坂道が怖い 歩いていると痛くなる   膝や関節などの痛みの原因  […]

[» 続きを見る]

ぐるぐるめまいと鍼灸治療

 ぐるぐるめまいは当たり前 ある患者さんにとっての当たり前のことだそうです。 目を閉じて眠りにつこうとすると途端にぐるぐる~っと回り始めるそうです。 そのままでいても、眠りにつくどころがますます、 目が覚めてしまうので睡[…]

[» 続きを見る]

倦怠感・だるさの鍼灸治療

    このような症状でお困りではありませんか?   たくさん休んでもカラダがだるい 寝起きが悪い 目覚めがよくない カラダがすっきりしない 手足の冷え(冷え性) 疲れやすい 病院での検査は[…]

[» 続きを見る]

焦りは禁物 でも、ちょっとした勇気も必要

  怪我をしてしばらく固定をして絶対安静、必要以上に曲げ伸ばしをしないようにと指示を受けていました。 痛みが引きにくい場所だったので固定と安静の期間は長くなっていました。 日常生活を送るなかではほぼ問題なく過ご[…]

[» 続きを見る]

めまい・耳鳴りと自律神経の不調と栄養の関係

  めまい、耳鳴りと自律神経の不調の患者さんを治療させていただいて、病院で処方された薬を真面目に飲んでいても効果が分からない。鍼灸治療の効果もわからないという方は一定数います。 病院での標準治療は必須ですので、[…]

[» 続きを見る]