耳管狭窄症の鍼灸治療

jikan

 

耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)と診断され

鼓膜の奥が痛む

難聴になる

自分の声や人の声、音がこもって聞こえる

耳に閉塞感がある

という症状がでると思います。

 

そもそも耳管狭窄症って何?

と思いの方多いと思います。

 

耳管(じかん)というのは

簡単にいうと耳と鼻をつないでいる通り道のことを言います。

普段は耳管は閉じられていますが、

あくびをしたり、唾を飲みこんだりするときに

耳管が開いて空気の出し入れをします。

この働きによって耳の中の気圧と体の外の気圧が同じに保つことができます。

しかし、

鼻やのどに炎症が起きて耳管の働きが低下することによって

耳管が閉じたままになって圧力の調節ができなくなる状態を

耳管狭窄症と言います。

なかなかスパッと治ることが難しいのですが、

丹念な鍼灸治療で

鼻、耳、ノドの粘膜の炎症を取り除くことによって、

症状が改善されていきます。

 

その他の耳のトラブルについては、

耳鳴りの鍼灸治療ページに詳しく載せてあります。

 

関連記事

坐骨神経痛の鍼灸治療

    このような症状でお困りではありませんか?   腰が痛い。 腰、お尻、太もも裏側、すね外側、つま先が痛む。 腰、お尻、太もも裏側、すね外側、つま先にしびれがある。 腰から足先にかけて押[…]

[» 続きを見る]

逆流性食道・胃炎の鍼灸治療

    このような症状でお困りではありませんか?   胸やけがする 胃液が口へ戻ってくる感じがする 何かが逆流してきて苦い味がする ノドに違和感を感じる げっぷがでる お腹が張る 胃がむかむ[…]

[» 続きを見る]

どうやって鍼(はり)を刺す場所を決めているのですか?

  体調がよくなってきた患者さんはいろいろな場面でゆとりができて、視野や考え方がひろがります。 今まではからだが元気になることが最優先でしたが、治療の姿をよく観ているように思います。 たとえば、鍼の太さについて[…]

[» 続きを見る]

まずは病院へいきましょう!!

    日曜日と祝日も診療していることも あって急患さんが多いです。 先日のゴールデンウィークは 電話が普段より多く鳴りました、 全力で治療します! 一緒に元気になりましょう! と言っているものの、 […]

[» 続きを見る]

突発性難聴になってからどうするか?

  突発性難聴になったらどうするか? まずは病院、耳鼻科に行くのが一番だと思っています。 お薬で改善できる場合もありますし、何かのきっかけで改善する場合があります。 病院で改善しなかった場合、さてどうしようと途[…]

[» 続きを見る]