治療にはどんな服装で行けばいいですか?

普段の服装でお越しください。
ワンピースやつなぎなど、上下つながった服ピッタリとした服はご遠慮ください。
着替えをするスペースは十分にありますので、お着替えをお持ちいただいても安心して着替えていただけます。
また、当院では治療着をご用意させていただいておりますので、必要な方はお申し付けください。

関連記事

耳鳴りの鳴っている場所が変わっていくんです

  耳鳴りが始まると「どんな音?」「ボリュームは?」「どこで鳴ってる?」「どれだけの時間鳴っている?」 といろいろと否が応でも意識せざるおえない状態になります。 では、鳴っている場所が変わるときに何が起こってい[…]

[» 続きを見る]

業界紙に掲載されました!

  たけちはり灸院としては2度目の取材!! 医道の日本社という業界最大手の出版社から取材・アンケートがありました。   業界の書籍なのでみなさんがお気軽に手を取って読むことができないのが残念ですが、 […]

[» 続きを見る]

鍼灸学生への道【院長編】

  鍼灸師になろうと思ったきっかけ の続きです。   普通のどこにでもいる大学生のように平々凡々な大学生活を送っていました。 鍼(はり)は「自分がする側になる」というより、 「受けるもの」という状態が[…]

[» 続きを見る]

鼻すすりをやめたほうが良い理由 ノドへの影響

  たけちはり灸院 院長の武智です。 寒い日が続いていますね 風邪を引いている方も引いていない方も 少し寒いところにいると鼻が出てきてしまいますね。 出るものはすするという感じに からだの反射システムに組み込ま[…]

[» 続きを見る]

生命にとって危険なめまい・・・1

生命にとって危険なものかどうかを 見極めることが非常に重要です。 まず、脳の病気ではないかを心配します。 なかでも救急対応を必要とする 脳出血、脳梗塞ではないかを疑います。 さらに心臓の病気がありますが、 これらのめまい[…]

[» 続きを見る]