患者

女性 40代 三重県志摩市

 

来院

2015年7月

 

症状

ある日突然、めまいが起こり布団から状態を起こすことや
寝返りをうつことができなくなり耳鼻科に通院した。
近隣の耳鼻科から大学病院へ紹介され1か月ほど入院した。
この時から仕事を休職している。
症状に大きな変化もなく退院し、本人の感覚としては
ゆがんでいるように感じる、回転する感覚、うしろに引っ張られる感覚、ふわふわする感じや
下りの階段を下を向いて降りられないなどが日によってだけではなく、
時間や体調によってそれぞれ起こりとても不快だったとのこと
めまいがきつく、眠りにつくことはできるが長く寝続けることができず
不眠症状も一緒に起こるように肉体的にも精神的にも追い詰められた状態で当院を訪れた。

 

同時に治療した症状

首・肩のコリ、耳鳴り、不眠

 

治療の内容と経過

当院を初めて受診した日は、自力でまっすぐ歩くこともできず、
家族に支えてもらいながら玄関を入られた。
待合のソファーに腰を掛けるときも慎重にゆっくり腰を下ろしながら座られた。
三重県志摩市は名古屋市から車で3時間以上かかるが、
乗車中は特別に不都合が起こることもなく乗っていることができた。
ただ、車から降りるときと降りて歩こうとすると頭が前に引っ張られるような感じがしたり、
歩こうとすると足の力が抜ける(地面に沈んでいく)ような感覚があったとのこと。

最初から5回目ぐらいの治療では少しからだを起こした状態で行い、
姿勢の変換をしないようにして治療中にめまいが起こらないように工夫をしながら
原因となるそれぞれのツボに治療をしていった。

めまいが起こることによって胃のムカムカや吐き気、食欲がなくなるなどがあったり、
動悸や冷や汗、全く眠れないなどのめまいが原因の自律神経の働きが狂わされる症状が起こっていた。

本人としては、「なんでこんなんなったんやろ?」と落ち込まれてしまうときもあったが、
日に日に表情や考え方が明るく前向きになっていった。
治療をすれば状態は良くなるが長続きしないという状態しばらく続いたが
20回を超えたころから、少しずつ安定してきて大きなめまいが減っていき、
日常生活が慎重にならなくても次第に過ごせるようになった。

めまいが減り、職場復帰をして体調の変化を日々記録して報告を受けていたが、
最初のうちは職場復帰したものの「休職しからだを使っていなかったため
「体力低下とめまいのつらさで大変だった。」という記述などが多かった。
体力が戻りめまいが軽減していくとめまいのことを意識することもなく
自然に過ごすことができるようになり安心して仕事復帰もできた。

 

主に使用したツボ

耳(3か所)、鼻(3か所)、のど(2か所)のツボ
首、肩、背中の筋肉の緊張を緩めるツボ
安眠に関係するツボ
内臓関係の働きを改善させるツボ

 

考察

耳・鼻のツボの状態が改善するにつれてめまいが徐々に改善していった。
睡眠を問題なくとることができるようになってからは肉体疲労と精神的な疲労も回復していった。
首、肩、背中の筋肉のコリや緊張をほぐしていったことにより日に日にほぐれていった。
症状の改善は回数を要したが、本人が積極的にセルフケアを取り組んでくれたことによって、
精神的な安定を図ることができるようになり日々の行動範囲、活動量が増えたことによって
より治療効果が出たと考えられます。

 

 

めまい

 

耳

めまい・耳鳴り・突発性難聴・頭痛・自律神経失調症の治療をおこなう鍼灸院です。
■――――――――――――――――――――――――――――――■

たけちはり灸院

〒465-0093
名古屋市名東区一社2-142-2 ユニーブルパークサイドマンション1階
TEL:052-753-7716

HP : http://www.takechi-harikyu.jp
エキテン(クチコミ):http://www.ekiten.jp/shop_6018430/
鍼灸コンパス(クチコミ):https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/2179/
Facebook:https://www.facebook.com/takechiharikyu/

日曜日・祝日は午前診療やっています。

■――――――――――――――――――――――――――――――■