メニエール病で鍼灸治療が良い理由


 

今回はメニエール病のあなたがもつ
めまい難聴耳閉感耳鳴りなどの
代表的な症状についてたけちはり灸院の
鍼灸治療ができることを紹介しますね。

先ほども述べましたが、
大きく分けて4つの症状があります。

①めまい
②難聴
③耳閉感、聴覚過敏
④耳鳴り

これらの症状が同時に起きたり、
いったん治まっても再び症状が
数日から数か月の間隔でくり返すのが
メニエール病です。

①めまい


突発的で立つこともできないほどの
激しい回転性で
数十分以上続くこともあります。

めまいが起こるとき、
からだでは何が起こっているかというと
細かく分けて3つあります。

・耳の「三半規管」がうまくはたらいていない

・目からは入ってくる動きのせいで
気持ち悪くなる

・歩いているとぐらぐら感じる、足元からくる

これらの3つのトラブルが起こっているとき、
めまいが起こります。

たけちはり灸院の治療では
あなたの悩みに合わせて
耳、目、足元の治療をしていきます。

耳は三半規管のある内耳や、
内耳に悪さをする中耳に治療をします。

 目は眉間のツボや目頭のツボに刺激を加え、
ピントを合わせやすくします。

 足からくる場合、からだを支えるために
 足がパンパンに緊張しているので
 それをほぐすように治療をします。


②難聴


とくに低音域が聞こえにくくなります。

難聴が起こるとき、
からだでは何が起こっているかというと
次のようなことが考えられます。

・鼻から中耳へとつづく「耳管」を通して
ウイルスが入ることで
内耳で炎症を起こしている
(中耳が内耳に悪さをすることがあります)

 

・炎症のせいでリンパ液が濁り、
水の量も増え内圧が高くなっている
(内圧が高くなると感度が上がり、
小さな音が大きな音に聞こえます)

 

・内耳の「蝸牛」の中の「有毛細胞」
が一部はたらいていない

たけちはり灸院の治療では、
これらのトラブルが起きている
鼻から耳管、中耳から内耳にかけて
状態を良くするために治療をしていきます。

お顔にある鼻のツボ、耳管のツボ
中耳のツボ、内耳のツボを
丁寧に刺激していきます。

その理由は炎症をひかせることや、
リンパ液を再生させるために
血行をよくするためです。

 

③耳閉感、聴覚過敏


常に耳が詰まった感じがしたり、
ある音についてすごく響いて
大きく感じたりはしませんか?

たけちはり灸院の治療では、
耳閉感や聴覚過敏が起こる理由を
鼻と中耳をつなぐ耳管や、
中耳にある鼓膜や耳小骨が
トラブルによってはたらかない
ことで起こるもの
と考えています。

やってほしくないのが『鼻すすり』です。
耳のトラブルに悩む多くの患者さんが
来院されたときコレを無意識にしていました。

鼻すすりをすると、何が起こるかというと
耳管を通して空気が中耳に入り、
鼓膜が内側に引っ張られ
へばりついたり、固くなります。

そうすると、新しい音を受けたときに
音の響きを逃がすことができなくなって
耳のつまり感や、音の反響する感じが生まれます。

また中耳にある鼓膜や耳小骨には
筋肉がついていますが

これらの筋肉が凝り固まっていると
動きが鈍くなり筋肉をゆるめたり、
きつくするはたらきがうまくいかなくなります。

そのため、音を受けたときに耳のつまり感や、
音の反響する感じが生まれます。

たけちはり灸院では鼻や中耳のツボに
刺激を与えることで
鼻の通りをよくしたり、
中耳の血行を良くすることで

鼓膜や耳小骨につく筋肉をほぐしたりします。

この治療をすることで、鼓膜の違和感が減った!
という患者さんの声をよく聞きます。

④耳鳴り

耳鳴りは人によって音の感じ方が違います。
一種類だけじゃなくて
数種類感じることもあります。

耳鳴りが起こるとき、
なにが起こっているかというと

・中耳の鼓膜や耳小骨につく
筋肉の動きが悪いことでいらない音が生じる

・内耳の炎症によりリンパ液が
濁って水分がふえると内圧が高くなり
感度が上がることで高く大きな音が聞こえてくる

・耳の周辺の筋肉や血管の雑音が聞こえてくる

これらのトラブルが生じています。
なかでも内耳のリンパ液は代謝が悪く
そう簡単にきれいになりません。
そのため一度炎症が原因で感度が上がると、
いらない音も拾ってしまいます

耳鳴りに対してたけちはり灸院では、
中耳と内耳のツボに刺激を加えます。

中耳は血行をよくすることで
鼓膜と耳小骨の筋肉をほぐして
耳閉感や聴覚過敏だけでなく、
耳鳴りをとりのぞく手助けをします。

内耳はからだのなかでも
循環がしにくい部分ですので
刺激を加えてリンパ液の
代謝をよくする手助けをします。

 

最後に


長くなりましたが
①めまい②難聴
③耳閉感、聴覚過敏④耳鳴りについて
どうして起こるのかという理由と
どの部位にはり灸治療をするのか
という説明をさせて頂きました。

もう少し、大事なことなので言わせてください。

たけちはり灸院では
お腹の肝臓、小腸などのツボを
使ってからだの
免疫力を上げたり、
首肩や背中、腰の凝り固まった筋肉を
ほぐすことで
 からだにかかる
ストレスを減らしたりします。


治療前後や治療中にも
 メニエール病のあなたの症状に合わせて
何のために、どんな治療を
行うか説明を行っています。


メニエール病でお悩みでしたら、
まずは気軽にお電話くださいね!

 

 

たけちはり灸院で治療を体験されたかたの感想


ご予約
052-753-7716

関連記事

イヤーマフを使ってほしいですね!

  たけちはり灸院 院長の武智です。 ノイズキャンセリングヘッドホンのちょっと変わった使い方 という記事を書きました。 耳鳴りや聴覚過敏のような不快な音を ノイズキャンセリング機能を使って回避しているという 患[…]

[» 続きを見る]

そもそも冷えってなんでしょう?

  まず、冷えの前に熱が生まれる仕組みを知る必要がありますね 人の体には約10万キロ、地球2周半ほどの長さの血管が すみずに張りめぐらされています。 この血管を通じて、全身にある約60兆個の細胞全てに 酸素など[…]

[» 続きを見る]

からだに対しての意識が変わりました。

  「からだに対しての意識が変わりました。」 たけちはり灸院で鍼灸治療を受けられた患者さんからの言葉です。 治療のテーマとして症状以外のからだ全体の健康・元気を考えて行うと伝えていますので、 100人治療させて[…]

[» 続きを見る]

からだはいくつになっても進化する

  今年の初めころに、とある患者さんが入院しました。 最初の1か月はベッドの上でのみの生活をしていて、 病気と寝たきりだったために体力と筋力はあっという間に落ちてしまい、 自力で歩いたりするどころか上体を起こし[…]

[» 続きを見る]

耳鳴りの原因・・・鼓膜炎

耳鳴りの原因で鼓膜に炎症がおこる鼓膜炎というものがあります。 たとえば、インフルエンザなどのウイルスによって鼓膜に炎症がおこると 耳管炎と同じような耳閉塞感や低音性耳鳴り、 あるいは低音障害などがおこります。 これらは、[…]

[» 続きを見る]