気象病?天気病?からだの調子が変なんです・・・

 

天気病もしくは、気象病と言われるものがあります。
昔、おばあちゃんが雨の前の日は
膝が痛くなってね。というようなものを
想像してもらえるとよいです。

最近はもっと詳しく定義づけられようになっています。

 

気象病(天気病)でお困りの場合、
どうすればよいか?
たけちはり灸院がおススメする方法は3つあります。

  1. 鍼灸治療を受ける
  2. セルフケアをする
  3. からだを温める

鍼灸師としては、
特別なことではないのですが、
みなさん知られていませんね(;^_^A

 

1.鍼灸治療を受ける

鍼灸治療で何をするの?
という声もやっぱりあります。

気象病(天気病)でお困りの場合、
何につらい思いをさせられるか?

頭痛、首すじ、肩や背中のコリ、
からだのだるさ、イライラする、
からだや気分の調子があがってこない、
めまい、ふらつき などなど・・・

というたけちはり灸院でおこなう
鍼灸治療がもっとも得意とする症状です。

気象や天気の変動に対応するのは、
内耳というからだ一部になります。

三半規管というところと鼓膜も関係
していると考えています。

鍼灸治療で三半規管のセンサーを
調整してあげることがとても大切なこと
と考えています。
内耳(三半規管)は自律神経の司令塔です。

そして、
それにともなった症状を解決していく
という流れになります。

 

 

2.セルフケアをする

セルフケアはたくさんありすぎて
どれが自分に合っているのかわからない
とても多くそのような言葉をお聞きします。

おすすめしているセルフケアとしては
かたくなっている筋肉を伸ばしたり、ほぐす
ローラー鍼で内耳のツボのセルフケアをする

 

 

3.からだを温める

簡単なことですが、少しずつ蒸し暑くなって
いるので、どうしても冷感を求めてしまいます。
お腹を温めたり、首すじにスカーフなどなにか
巻くなどして冷えすぎないようにすることも大切です。

あとはおなかにお灸もおススメです

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク明けてから梅雨に入る前は
さわやかに快適に過ごせる期間だったような
覚えがありますが、今年はなんだかなーという
感じですが、じっと耐えるのではなく、
積極的に治療や手当をすることによって
日々を快適に過ごしていきましょう!

 

 

ご予約
052-753-7716

関連記事

動きなさいって言われるけど、とても動けません

  めまいやふらつきでお困りの方からよく質問を受けます。 動けるなら動く、動けないなら無理をしない。 これにつきます。 病院では、寝ていたり、休んでいたりすると治らないから 運動をしてください、家事などいつもと[…]

[» 続きを見る]

鍛えなさい、鍛えなさい、鍛えなさい・・・

      膝の痛みでお困りの患者さんの言葉です。 鍛えることはもちろん大事なことです。 でも、筋肉は使えば使うほど固くなり縮みます。 そして、皮膚の遊びも少なくなります。 肘をひっぱると皮[…]

[» 続きを見る]

まぶたが重くなってきたら治療のサイン?

  定期的に来院される患者さんが自分のからだの状態の目安としていることだそうです。 この患者さんは 「まぶたが重くなってきて目が開きにくくなってきたら疲れがたまったサイン」と認識しています。 疲れがたまったサイ[…]

[» 続きを見る]

前庭神経炎とは

前庭神経とは耳石器官を意味します。 前庭神経は耳石器官と三半規管からの刺激を脳に伝えます。 風邪に続いてある日突然激しい回転性のめまいがおきて、 吐き気、嘔吐を伴うことがあります。 この病気を経験した方は 「脳卒中になっ[…]

[» 続きを見る]

結果は大切 でも 途中過程は不必要?

  耳鳴り・突発性難聴・めまいや自律神経の トラブルによる体調不調でお困りの方から よく質問される内容で「すぐ治りますか?」 「何回くらいで治りますか?」という質問があります。 ご予約の電話をいただいたときや問[…]

[» 続きを見る]