秋バテってあるの? その対策方法はあるの?

秋バテ
 

10月に入って涼しくなって朝晩は肌寒くなって
きましたね

日中は汗ばむような気温まであがったりしますね
暑さや寒さ、涼しさのコントロールが難しく
体調管理に困ってしまいますね

体調が振り回されて、秋バテ症状が出ているかたも
いらっしゃいます。

秋バテとは?
いろいろな指標がありますが、

「秋バテとは、夏の疲れがたまり、ひきずっていて
体力を消耗し、それがもとになって自律神経の乱れや
血のめぐりなど血行が悪くなって、倦怠感などのだるさ、
食欲不振や寝不足、めまい、立ちくらみ、
頭がすっきりしない、微熱が続くといった症状」
が現れます。

さて、
秋バテ対策には何があるか?
・疲れをとる
・からだを温める
・服装を少し気を付ける
・食事や食材を工夫する
・少しずつ元気になったら行動を増やす

・疲れをとる
まずは、疲れをとる
ここで順番を間違えると今より
しんどくなったり、だるくなってしまうので
まずは疲れをとる!ことが先決です

・からだを温める
少し疲れがとれてきたら、あなたの好きな方法で
からだを温めることを意識します。

お風呂(湯船)に入ることは大事ですね
でも、湯船につかって動悸が起こってしまうかたは
違う方法で温めましょうね
湯たんぽ、腹巻などで冷えないようにすることも
おススメです。

・服装を少し気を付ける
3つの首といわれる首・手首・足首を外気に
触れにくくする。

・食事や食材を工夫する
暑いからといって冷たいものを取り過ぎてしまわない
ようにする。水分は適量必要なので必ずとってくださいね

からだを温める性質があるショウガやさんしょうなど
好みの香辛料などいいですよね

よく噛んで食べる
噛むという動作は口と顎だけでなく、使っている筋肉は
とても多いので代謝があがるきっかけになります。

・少しずつ元気になったら行動を増やす
運動をしよう!といいたいところですけど、
まずは、活動量を増やす(戻す)ことが
大事です。
面倒なことや気が乗らないことは、
からだに良いと言われてもなかなか重い腰は
あがりません。
いかに動けるきっかけを作ることができるか
こちらの方が大切かなと思います。

最後に鍼灸治療は
からだの疲れをとる
からだを温める
からだをほぐすことができる
ということを声を大にしてお伝えしたいですね!

関連記事

五月病?更年期?自律神経がみだれてる?

  たけちはり灸院の院長の武智です。 ゴールデンウィークも終わり五月もう少しで終わりますね 連休での遊びつかれ・・・ 新生活になれてちょっと気が緩む・・・ 家事や仕事のことがたまってちょっと疲れが抜けない・・・[…]

[» 続きを見る]

めまいの種類・・・立ちくらみ(眼前暗黒感、クラクラ感)

立ちくらみ(眼前暗黒感、クラクラ感) 症状として ・立ちくらみ ・目の前が暗くなる ・気が遠くなる これらは、 多くの場合が起立性低血圧が原因と言われています。 ただ、耳鼻科や脳神経外科での検査で異常がなくて、 薬を飲ん[…]

[» 続きを見る]

病院で何するの? ・・・ 難聴を鍼灸治療で治すために知っておいて欲しいこと

  突発性難聴でお困りの方はとてもたくさんいます。 名古屋市名東区にあるたけちはり灸院は突発性難聴でお困りの方に 鍼灸治療をさせていただいています。 突発性難聴を鍼灸治療で治すために知っておいて欲しいことを書い[…]

[» 続きを見る]

声が出しにくくなっているんですけど理由はありますか?

    声が出にくいんですけどどうしてですか? と 話すことや歌うことを職業にされている方からよく質問を受けます。 声が出る仕組みとして声は単独の働きでなく3つのことが連動することによってできますす。[…]

[» 続きを見る]

平衡感覚の乱れが自律神経の働きを狂わす

平衡感覚はどのようにして保たれているか、 それぞれの役割があるということを説明しました。     耳と脳の働きが密接に関係していますね 情報の流れとしては 「 目 耳 手足   →    脳  」 で[…]

[» 続きを見る]